SSブログ

精神の飢餓-庭野日敬氏のお言葉 [庭野日敬師の言葉]

今の日本は、本当に豊かな国でしょうか。

先進国と言われ、
世界をリードする一端を担っていると
自負する国と言われています。

しかし、日本国の借金は年々膨らんでいくばかりです。

また、親殺しや子殺しなどの
痛まし事件は、年々、後を絶ちません。

子どもたちには、人を信じる事より、
人を疑う事を教えなければいけない時代になっています。



「諸欲の所因は貪欲これ本なり」と、

庭野日敬氏が法華経の譬喩品を引用して

お話をして下さった事を思い出します。



新型コロナウイルス肺炎の影響が広がっている、

今、この時が私たちが心を切り替える時だと、

諸仏、諸菩薩の方々がおしゃっているのでは、と

私には思えてなりません。



新型コロナウイルス肺炎の影響が収まった後に、

以前の状態に戻る事は、もうあり得ません。


新型コロナウイルス肺炎が、
現代社会のターニングポイントになります。


ですので、

今が、心を切り替える時(ターニングポイント)です。


そんな時代の流れを読み取る事が出来ますか。



そんな、時代の流れの中で、

庭野日敬氏は、とても大切な事をおしゃっています。



IMG_20180812_142052-1.jpg




:::::::::::::::::::::::::


開 祖 さ ま 随 感

      1978年(昭和53年)庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より


精神の飢餓


路傍で生まれ落ち、

そして道端で死んでいく気の毒な人たちが、

アジアやアフリカにはまだたくさんいます。


三度の食事にも事欠く人たちがいっぱいいるのです。


それを遠くの世界のこととして

傍観していることは許されません。


そして、なによりも大切なのは、

それをただ声高に人びとに訴えるのではなく、

まず自分の足元から見つめ直してみることです。


満足な食事もとれない飢餓状態にある人たちが、

こんなにも多くいるその同じ地球に住み、

毎日十分すぎるほどの食事に恵まれながら、

私たちは欲望をさらに際限もなくエスカレートさせて、

これで十分だという満足感、充足感を得ておりません。


物質で栄えても精神的に退廃し、

滅亡していった国の例はたくさんあります。


いまの日本は、

まさに精神の飢餓状態にあるといえましょう。



「無量義経十功徳品」には

「愛著ある者には能捨の心を起さしめ、

諸の慳貪の者には布施の心を起さしめ」と説かれています。


人は、あればあるほど欲する心が強くなるものですが、

逆に自分の持てる物を人さまに施す心に切り換えると、

少ない物にも心から感謝できるようになるのです。


際限のない欲望を断ち切るのには、

この心の転換しかありません。


:::::::::::::::::::::::::


タグ:庭野日敬
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

庭野日敬の提唱した、明るい社会づくり運動の次世代のリーダー育成が必須ではないのか [インタネット講座「拓塾」]

明るい社会づくり運動の実態調査


私が以前に行いました、

明るい社会づくり運動の実態調査から

様々な事を教えていただきました。


その中には、

順調に活動を進めている地域もありましたが、

逆にまたそうでない地域もありました。


また、

順調に活動を進めている地域と、

またそうでない地域の中にも、

共通点がある事が分かりました。


IMG_20180425_115634.jpg


現状の把握が不可欠


私は、明るい社会づくり運動が

今後さらなる飛躍をして行くためには、

現状の利点と

不利点の解析をする事が

必要不可欠になると思います。


その為には、

現状がどうなっているのかを

知る必要があると思っています。


現状の把握を行い、

現状の分析がしっかり出来ない限り、

本当の意味での

利点と不利点の解析が出来ません。


また、正確な現状の把握や分析が出来ない以上、

その為の効果的な

対策を講じる事は難しいと思います。


辛い現実にも向き合う事が不可欠


その為には、

時には辛い現実とも

向き合わなければならない事もあると思います。

でも、そこから逃げる事無く、

前向きに取り組む姿勢を示す事が

求められていると考えます。



私の所にお送りいただきましたメールの中に、

大変重要な意見をお持ちの方がいらっしゃいました。


その方は長年の間、

明るい社会づくり運動に携わって来られた方です。

また、庭野日敬師の思いを理解し、

ご自身の地元で大変に努力された方です。

それだけに、

明るい社会づくり運動の実態を

ご自身の目でしっかりと見つめ、

現状を把握している方です。


そして分析をなされ、

課題点からその対策までを

しっかりとしたお考えをお持ちの方です。


以下に、ご紹介をさせていただきます。


~~~~~~~~~~~~~~

報告書より


 明るい社会づくり運動の組織において

地区協議会が当面する共通課題として、

役員やリーダーの高齢化や不足に悩み、

世代交代が進まずそのまま組織の活力の停滞を招き、

有効な手を打てないまま

組織の解散や運動の実態のない地区もでてくるようになった。


IMG_20170502_155703-1.jpg


停滞を招く原因として

リーダーの意識に大半の理由があるように見受けられる。


役員としては会員から会費や協賛会費を募り、

運動方針を決めた以上

活動をやめるわけにはいかないと考えてはいるが、

意識がそれ以上でも

それ以下でもなく活動は一応継続されているが、

活動の範囲を広げたり

頻度を上げたりといった発展的な取り組みに欠けており

現状維持ということになる。


したがって新たなメンバーが

加わるチャンスも生まれにくいという

悪循環が生まれくる。


 さらに
「中心となり、下支えするメンバーが不足している」

ということについては

組織の中で

リーダーの育成がうまくいっていないという

状況も見えてきます。


従って必然的に、リーダーの世代交代は難しくなります。


昭和40年代後半に先駆的リーダーにより、

全国の都道府県を網羅するかたちで

上位下達方式に組織化された明社運動は

任意団体 ― 法人化 ― 任意団体と組織も変遷してきた。


運動提唱者の精神を原点として

自治体単位に組織化され、

地域に根づいた活動を推進してきているが、

どちらかと言えば、

「大勢で一緒にやる」エリア型の活動は伝統的に強いが、

テーマ型を目指す

NPOやボランティアグループのような

NPO型の活動は不得手であった。


従って地域のネットワーク化を

目指し法人化されたときには、

エリア型活動で進んできた

伝統的組織である明社組織内に、

少なからず混乱をきたした。


river_00027-1.jpg


明るい社会づくり運動が

取り組むテーマがエリア(地縁)型であれ、

広域にわたるテーマ型であれ、

永年の間、

当面している課題解決のための

取り組みに没頭するうちに、

取り組みそのものを

維持することが目的化してしまいがちで、

そこには、

課題の変化が見えなくなってしまい、

柔軟な対応ができず組織の硬直化を招くという

落とし穴があったのではないかと思われる。


特に次世代や若者が参画するような企画が少なく

組織が新たな課題に

チャレンジするエネルギーを得るという

大事な側面が欠落している。


課題の変化に対応するという

組織の柔軟な取り組みが

様々な世代が関わり合う

環境をつくることによって可能となるが、

次世代との協働をすすめる取り組みが

組織の柔軟性を生むことで

活動が活性化するということもあるわけです。


kis0107-049.-12jpg.jpg


従い、テーマ型にせよエリア型にせよ

組織の結束が維持されていくには、

この点の理解をもとに

組織内部の役割分担を明確にして

機能のすみわけについて

合意を得るということが、

まず内部の協働力を強めるポイントであると考えられる。


それを課題としてとらえるならば、

課題の変化に対応するチャレンジを積極的に行うこと、

組織の活動や運営の中に

積極的に異世代協働をつくりだすことが

大切だということになります。


そして責任ある活動ができるように

研修や養成の機会(人材養成事業)を

具体的に用意する取り組みが大変重要です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お互い様に、様々なご苦労があると思いますが精進・努力して行きたいと思います。

私の今年のキャッチフレーズは、「前に、さらに前に前に・・・・・」

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                      http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

仏法は無力か-庭野日敬氏のお言葉 [庭野日敬師の言葉]

庭野日敬氏の教えは、私の人生の大きな心の支えになっています。

長い人生には上り坂もあれば、下り坂もあります。

また、まさかと言う坂まであります。

そんな人生の折り目や節目の様々な出来事の中で、

迷う時や、戸惑う時、たじろぐ時など、

庭野日敬の説く教えを紐解きながら歩んで来ました。

そんな意味でも、

明日(5/4)の庭野日敬氏の御命日の式典は大切な時になります。


今回も、youtube配信がありました。


只、私自身は今日は大事な業務があり
先方に9時に出向かなくてはなりませんので、
その後に拝見をさせていただくつもりです。

もし、お時間がある方は、
お知り合いの方にその旨を伺ってみてください。

新型コロナウイルス肺炎の影響で
多くの皆さんが不安に思っている時だからこそ、
とても、大切な式典になります。



今日は庭野日敬氏の、
こんな言葉が私の胸の響きましたのでお知らせを致します。



45745787ac0bf30444b51cf193946ad9.jpg



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

開 祖 さ ま 随 感

      1969年(昭和44年)庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より

仏 法 は 無 力 か


今日、仏教はすでに大衆を救う力を失ってしまった、

という人がいます。

これは、とんでもない間違いだと思うのです。

大衆を救う力が仏法になくなったのではありません。

しかし一方、仏法をしっかりと持ち、

日常の生活上に実践している人が

少なくなっていることも残念ながら認めざるを得ません。


たとえば交通事故は、

人が交通法規を守らないために起こるわけですが、

同じように、人も人の道を守らないがゆえに

苦しみや不幸に自ら突き当たってしまうわけです。


その人の道の根本義を示すのが仏法で、

その道をあゆめばみんなが幸せになれるのに、

多くの人がそれを知らずに不幸に陥っているのです。


ですから、

私たち仏教徒が人の道にのっとって生活し、

その姿を世の人びとに見てもらうことが、

まずもって大事です。


毎日の生活で法に示されたとおりに実践すると人は

どれほど幸せになれるか、

それを自らの姿で示せる人間になることが、

私たち仏教徒のつとめです。


仏法の縁に触れ、その教えを聞いても、それを守り、

実践することがなくては、自分の幸せもなく、

仏教徒としてのつとめも果たすことはできないのです。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




タグ:庭野日敬
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog