SSブログ
前の3件 | -

お釈迦さまへの直参-庭野日敬氏のお言葉 [庭野日敬師の言葉]

私は常々思う事ですが、師の教えを大切に伝えていく事がとても大事だと思っています。

何故、こんな事を言うかと言いますと、

人は、ともすると
自分を導いてくれた師や、教えを乗り越えて、
すぐれているのは自分自身であるとの錯覚に、
いつの間にか陥りやすい物だと受け止めています。

その点、庭野日敬氏は、
ご自身を法華経に導いてくれた師を
最後の最後まで大切にされてきました。

また、法華経に書かれている事をとても大切にし、
法華経よりは前に出る事はありませんでした。

その事は、
一見たやすい事のように思えるでしょうが、
とても大変な事だと思います。

それは、世間の宗教指導者の
姿や言動を拝見していますと良くわかります。

例えば、
式典などの時だけ表面上は取り繕うが、・・・・・・・。

とても残念に思っています。


法華経は、謙虚に、謙虚に、謙虚に、
行動は果敢に、
勇気を持って進む事が大事ではないでしょうか。

そこに、ご守護があるのだと思います。


3c8bbb26c9fdf0352f814a8990207207.jpg



:::::::::::::::::::::::::


開 祖 さ ま 随 感

      1978年(昭和53年)庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より


お釈迦さまへの直参(じきさん)


なにごとも伝統を守り、

それを踏襲するのは大切なことですが、

それは宗教の場合も同じです。

ただ宗教は芸能などとは違い、

生きている人間を実際に救わなくてはなりません。


人は、その時代、その環境の中で生活しています。

その人たちを実際に救うのには、

その時代、その社会環境に応じた手段が必要です。


これまで大事に守られてきた教えであっても、

そのままでは、時の経過とともに

時代の人びとを教化する力が弱くなっている場合もあります。


宗教の宗は、時代を超え、所を超えて

不変なよりどころとなる根本の真理のことであり、

教は、その真理をその時代、その人に応じて説くことです。


この、時代に対応し、人に応じて説く大切さを

忘れてしまって、いたずらに人びとが

宗教から離れていくのを嘆くようなことがあってはなりません。


私が、お釈迦さまのみ心に直参する大切さを

いつも強調しているのも、そこなのです。


直参するとは直接教えを聞くことです。


常に自分のあり方を法に照らしてみて、

これでよいのかと問いかけ続けるのが、

お釈迦さまのお心に直参することです。

それによって教えが常に新しい教化力を保っていくのです。

:::::::::::::::::::::::::

いかがでしょうか。

常に、お釈迦さの声に耳を傾けているでしょうか。

お互い頑張りましょう。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

仏さまの願いに合わせる-庭野日敬のお言葉 [庭野日敬師の言葉]

新型コロナウイルス肺炎の影響で世界中の人々が辛く苦しい日々を過ごしています。


そんな方々の、

悩みや苦しみを理解しする事が出来るのか、否かが、

今の宗教者に求められている事です。


何故か、


そこが理解出来ていないと

法華経を理解する事は難しく、

只の空理論・空理屈に終わってしまいます。


さらに、その先には進めないのではないでしょうか。


7c85b7e34271c0c9b5787715057d5940.jpg


^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【参考に】

観音菩薩は観音というお名前の菩薩ということです。

    観音とは「音を観る」とあります。

仏教では「見聞一致(けんもんいっち)」という言葉がありますように

「見る」のと「聞く」のは同じだと教えられています。

ですから、「音を観る」と「音を聞く」とは同じです。

音とは、人々の苦しみの声のことで、人々の苦しみの声を聞いて、

救いを与えて下さる菩薩なので観音菩薩といわれます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

例えば、今の貴方の状態を理解せずに、

建前だけを言われれも困惑するだけになると思います。

それと同じ事ではないでしょうか。


そんな事を踏まえて、

庭野日敬のお言葉は、

とても厳しいく、

とても温かい慈悲に満ちた

お言葉だと受け止めています。


5ece610748216925ed724ded0c70c08d.jpg


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

開 祖 さ ま 随 感

      1989年(昭和64年)庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より


仏さまの願いに合わせる



一生懸命に信仰しているのに、

どうしてこんな苦しい目に逢わなくてはならないんだろう、

と恨めしく思うことが、だれにもあるのではないでしょうか。


この世は苦の娑婆忍土ですから、

嫌なこと、思いどおりにならないことにぶつからないわけにはいきません。



しかし、そういう苦しいことにぶつかったとき、

私は「これは、仏さまがきっと大きな功徳をくださろうとしているのだ」と

考えることにしているのです。


すると力がわいてきて、苦が苦でなくなるのです。



道元禅師は「この生死は、すなわち仏の御いのちなり」と教えておられます。


私たちが自分の健康、商売繁盛、家内安全を神仏にお願いするのは、

よく考えてみると、

こちらの願望に仏さまを従わせようとすることにもなりかねません。


そうではなく、

逆に仏さまの願いに自分を合わせていくのが信仰です。


この苦しみで、

仏さまは何を教えてくださろうとしているのだろうかと

思いを凝らしていくと、

仏さまが私たちを目覚めさせようと

心をくだいてくださっているのが、

はっきりと身に感じられてきます。

そのときにパッと新しい世界が開けてくるのです。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^


あなたのこころには、

どのように響いたでしょうか。

その響きがとても大事な事ではないでしょうか。


素敵な一日になりますように、








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

庭野日敬氏の提唱した世界宗教者平和会議と明るい社会づくり運動(2) [インタネット講座「拓塾」]

「明るい社会づくり運動と世界宗教者会議は、車の両輪ですよ。」

この言葉を、私に事あるごとに繰り返し言って下さったのは、

元・世界宗教者平和会議(WCRP)の初代事務局長をなさった大島浩之氏(故人)でした。


大島浩之氏(故人)は、

庭野日敬師がカトリック第2バチカン公会議に招待され、

教皇パウロ六世に謁見したときの感動から、世界のすべての宗教を網羅し、

全宗教者が平和のテーブルに着く世界会議の開催を願って奔走し、

世界宗教者平和会議(WCRP)を軌道に乗せる時の事務局長をなさり、

後に、明るい社会づくり運動事務局長をなさり、

皇太子殿下並びに妃殿下(第六回明るい社会づくり運動全国大会)、

常盤宮殿下並びに妃殿下(第七回明るい社会づくり運動全国大会)など、

明るい社会づくり運動に皇室をお迎えするなどの尽力を尽くし、

庭野日敬師の心情をよくご存じの方の一人でした。


river_00027-1.jpg


庭野日敬師は
大島浩之氏(故人)との対談でも、以下の事を述べています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

庭野日敬師-

 今から約三十年前というと、

日本人がエコノミックアニマルと書われ始めたころじゃなかったかな。

経済発展ばかり考えて宗教や倫理を無視する人たちというので、

ある外国の政治家がそのように呼んだと聞いています。

外国へ行きますと、

日本のことを「背骨のない巨人」とか、いろいろな呼び方をしている。

だからWCRP(世界宗教者平和会議)の

基礎固めに走り回っているうちに、

これは足元の日本もしっかりしなければ-というのが、

そもそもの動機といえるかもしれません。

加えて日本人は、宗教を堅苦しいものと感じているんです。

ただ、宗教には参加しにくいが、

明るい社会づくりなら気楽に参加できるというところがある。

つまり、すべての国民がそれぞれの信念や信仰の本義に目覚め、

それに基づく生き方で思いやりのこもった

心豊かな社会をつくっていくのが究極の願いです。

そこに行く道として明社運動が始まったわけです。

例えば、県知事なら、

明るく住みよい県をつくりたいという理想がある。

それと同様に、私たち宗教者もお互いに手をとり合い、

幸せな社会にしたいと願っている。

明るい社会をつくろうとする信念は一緒なんですね。

ですから志ある人なら、気楽に参加できるわけです。

明社運動を始めたころはね、

「庭野は、何を言っているんだ」と言われたものです。

でも、実際やってみると、

知事さんや市長さんが

喜んで明るい社会づくりに参加、協力してくださる。

教育者や福祉関係の皆さんも参加してくださる。

徐々に地域レベルへと活動が進み、

今日まで皆さんが手をつないでやってこられたわけです。  

 佼成新聞(1994年10月7日号に掲載記事より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上の事を考える時に,

「明るい社会づくり運動と世界宗教者会議は、車の両輪ですよ。」と、

おしゃっている事が太変よく理解出来ます。


しかし、現実はどうでしょうか。

私は「片手落ちではないだろうか。」と考えています。


世界宗教者平和会議(WCRP)と、

明るい社会づくり運動の起因とを再確認し、

バランスの取れた活動にして行く事が、

庭野日敬師の願いにお応えする事ではないでしょうか。


お互い様に、

様々なご苦労があると思いますが精進・努力して行きたいと思います。


私の今年のキャッチフレーズは、「前に、さらに前に前に・・・・・」



☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                      http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

前の3件 | -