SSブログ
前の3件 | -

無言の手本-庭野日敬氏のお言葉 [庭野日敬師の言葉]

現代社会はストレス社会とも言われています。

別な言い方をしますと、
様々な事が、思うようなならない社会ともいえると思います。

特に、今回の新型コロナウイルス肺炎の影響で
先々の事に不安を抱えている方が多い現実だと思います。

私達は、聖人聖者ではありません。

現在の社会の荒波に揉まれながら、
また、時にはその波に翻弄されながら生きている凡人です。

そんな時に軽はずみに「大丈夫だよ」と言われても、
そのままに受け取る事は、なかなか難しいのが現状ではないでしょうか。

ところが、
庭野日敬氏のお言葉は私のこころに深い感銘を与えてくれます。

また、私の心のまなざしをパッと開かせていただけます。


庭野日敬氏のお言葉が
皆様のこころには、どのように響きますか。



cd90cbc71cb88ac263207ea8c88289b8.jpg



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

開 祖 さ ま 随 感

      1972年(昭和47年)庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より


無 言 の 手 本


私の祖父は畑仕事で忙しいときも、

村で病気などで苦しんでいる人がいると、

その助けに飛び回ったものです。


もちろん無料奉仕です。


その祖父の姿を見て、

私は子どもなりに疑問を持ったことがありました。

私の家はとりわけ裕福だったわけではありませんから、

家のことをほったらかして人のことにかまけていていいものか、

と思ったのです。


ところが病気やけがを治してもらった人たちが、

田畑の仕事が一段落すると畑で穫れた作物を持ってお礼にくるのです。


そのうれしそうな姿を見て、

私もだんだんに人さまのためになるということはなんと気持ちがよいものか、

と心に植えつけられていったように思うのです。


世の中にはいろいろな喜びがありますが、

とりわけ人さまに尽くす喜びが最高であることを実際に学ぶ機会は、

少ないのではないでしょうか。


とりわけ、いまの子どもたちは、

そうした機会に恵まれていないと思うのです。

そういう意味で私はあらためて祖父に感謝せずにいられないのですが、

どんな時代であっても、

親は口先だけでなく身をもって

子どもにお手本を示すことが大事だと思うのです。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

私は、そのこころの響きがとても大切な事だと思っています。


新型コロナウイルス肺炎の影響は、まだまだ続いて行くと思われます。


お互い頑張りましょう。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

明るい社会づくり運動を提唱した、庭野日敬師の心情を思うと・・・・・・。 [明るい社会づくり運動のポイント]

「庭野日敬師の提唱された
明るい社会づくり運動は失敗に終わった。」と、
私に、お話してくれたのはN事務局長さんでした。

私は十数年前、明るい社会づくり運動の状況を教えていただく為に、東京の事務所を訪ねました。そこで、私の応対に出てくだった当時のN事務局長さんが、私にお話して下さいました。
そして、「各都道府県の協議会を順次解散していただく為に準備を進めている。」との事。


私は自身の耳を疑いました。


しかし、事務長さんは同じ事を繰り返すばかりでした。「結論はすでに出ている。」

「そんな馬鹿な事はないはずです。資料を見ればそんな事はないはずです。以前の資料を見せていただけませんか。」と言うと、N事務局長は「以前の資料は引っ越しの時に、破棄してしまいましたので、ここにはもうありません。」との事でした。


「そんな・・・・・・。馬鹿な・・・・・・・・。」


IMG_20180812_142052-1.jpg



まず、私の地元の山梨の状況を調査して見ると、以下の状況でした。

当時の、山梨県協議会の会長さんは県知事をなさっていた天野建氏(故人)でした。
天野建氏(故人)は県知事をなさる前から、明るい社会づくり運動にはとても熱心で協力的に参加をなさる方でしたが、県知事になられてからは公務にお忙しい為に、時間の間をぬって参加したいただいていました。
そして、県知事をおりてからは明るい社会づくり運動に参加する事を、とても楽しみにしていたと、側近の方から伺いました。しかし、突然に届いた一通の封書、「山梨県明るい社会づくり運動協議会・会長の解任」との内容通知が届いたようです。その事にとても驚いた天野建氏(故人)は「どうなっているのか。」と状況の説明を求めたとの事でした。
おそらく、天野建氏(故人)には事前に何の説明も、同意も、相談も、何も求めずに、いわば「蚊帳の外」の状態で、明るい社会づくり運動の解体作業が進められたようです。
後日談ですが、当時の山梨県の明るい社会づくり運動の気心の知れたお仲間達の集まりの席で、天野建氏(故人)は、山梨の明るい社会づくり運動の解体劇をとてもとても残念がっていたとの事でした。せめて、山梨県協議会の明るい社会づくり運動の解散式をやって、終わりにしたかったとお話されていたようです。


また、神奈川県協議会の明るい社会づくり運動においては、

N事務局長さんが、横浜に訪れ、神奈川県の明るい社会づくり運動の解体を懇願していたようです。当時の神奈川県連の事務局長さんからのお話しですが、その時のお話は神奈川県協議会の明るい社会づくり運動は解体をせざるを得ない状況のお話だったようです。当時の、神奈川県協議会の明るい社会づくり運動の会長さんはクリスチャンでしたが、とてもとても残念で悔しがっていたようです。

このような状態は、全国の都道府県全てではなく、

ある種のリストに基づいて行われたようですので、現在でも、都道府県協議会が活動を行っている地域もありますので、何らかの意図に基づいて、都道府県協議会の解体作業が行われたようです。

また、他の地域では、別の意図をもった都道府県協議会が立ち上がっているようです。一方では、都道府県協議会を解体に追い込み、また他方では都道府県協議会の設立を行っているようです。

このような状態の、明るい社会づくり運動ではとても支持は出来ないと判断され、
何も言わずに、明るい社会づくり運動から距離を置く方が増えて行きました。


誠に残念ですが、
私の友人知人の中でも明るい社会づくり運動から離れて行く人達が多い現実です。


特に、山梨県協議会と神奈川県協議会は明るい社会づくり運動の模範的な先進県でしたので、このようなお話は、庭野日敬氏の心情をご存じの方からすると、とても信じ難いお話です。
また、あってはならないお話だと思います。


IMG_20180425_115717.jpg


法華経を信受している
庭野日敬氏のお弟子さん達のする事とは、とても思えません。


今後、明るい社会づくりを進めて行く為には、より多くの賛同者やご協力をいただかない事には始まりません。その事を考える時、まった逆の事をしているのではないでしょうか。

明るい社会づくりは、一団体では出来るものではない事は多くの方が承知している事です。ですから、より多くの方々から賛同してもらえる活動体にならなくてはいけません。自分たちの好きかってな自己満足の活動では、多くの方の賛同はいただけない事は小学生でもわかる事です。


私は思います。

明るい社会づくり運動は、庭野日敬氏の「明るい社会を、皆で築きましょう。」との、並々ならぬ情熱と行動力、また、各界の多くの賛同者の方々のご支援やご協力と、長い長い時間を掛けてここまで築き上げて来たのもです。ごく一部の人達の意見や考えで、庭野日敬氏の願いや思いとは別の方向へ持っていく事は断じて許してはならないと思います。特に、明るい社会づくり運動にご協力いただいた方々に対して、その行為や思いを裏切るような事は、断じてあってはならないと考えます。


もし、「庭野日敬師の提唱した明るい社会づくり運動が失敗に終わった。」と、するならば、
それは、どなたが、「庭野日敬師の提唱した明るい社会づくり運動が失敗に終わらせる。」との、シナリオを描かかない限りあり得ないと、私は思っています。






私は、知っています。

誰が指示をして、誰が実行したか。

また、その事を容認したのは誰か。

でも、その事はあえて言いません。




あなたは、この事実を平気で見過ごして行きますか。

仏教は因果応報を説いています。

いままで、骨身を惜しんで頑張って来た方々を、後ろからバッサリと切り捨てるような事をしてしまった事の因果とは、どのようになって行くのでしょうか。


庭野日敬氏は、法華経を基に活動を繰り返して来た方です。その法華経には、この事をどのように説いているのかを理解しているのでしょうか。


IMG_20180425_115456.jpg




    ↓ クリック

明るい社会づくり運動は、これで本当に良いのでしょうか!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

庭野日敬師は、
昭和四十四年の「躍進」で次の事をおしゃっています。

「いまの世の中に一番求められているのは、

人間の自尊心、個人の主体性、社会的責任に訴えかけてエネルギーを引き出し、

個人の努力が社会全体の進歩に寄与するような活動を促す、

精神の復興連動のリーダーである」

「明るい社会はだれかがつくってくれるというものではない

気のついた人、目覚めた人がまず立ち上がって行動を開始し、

他の人々にも根気よく呼びかけていかなければならない」

「より良き未来に向かって進んでいると信じられる時には、

人は山をも動かしますし、

反対にもし希望がもてなければ、人は沈潜し腐敗する」


もう40年近くの前のお話ですが、

現在にあてはめても違和感のないお話だと思いませんか。


また、以下の事も述べています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「山田恵諦貌下が常におっしゃっていた

『よいことは長く続く。よくないことでないと長続きしない』ということです。

法華経というのは二もなく三もなく『一仏乗』なんです。

仏さまの願いというものは、すべての人を仏の境地へ導き、

本当の幸せにしてあげたいという一事につきるんです。

『草木国土悉皆成仏』という言葉がありますように

人間はむろん、草も木も水も士もすべて仏になれるんです。」



IMG_20180425_115717.jpg

そして、

「そういうことです。

いわば、明るい社会づくりの大導師は仏さまなんですよ。」

とおしゃっています。


庭野日敬師の提唱した明るい社会づくり運動を

失敗に終わらせる事など断じて、考えられません。


お互い様に、様々なご苦労があると思いますが

精進・努力して行きたいと思います。


私の今年のキャッチフレーズは、「前に、さらに前に前に・・・・・」


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページ
              http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

希望があれば疲れない-庭野日敬氏のお言葉 [明るい社会づくり運動のポイント]

新型コロナウイルス肺炎の影響が広がっていく中で、リダーの果たすべき役割は大きいです。

己の身を案じ、
ジッと閉じ込めっている姿は、
法華経を行ずるリダーに相応しくありません。

法華経を紐解いて見ると、
困難な中で法華経を説いていく大切さや、
そんな法華経行者を、
諸菩薩、諸天善神が守護する事を請願している事が
説かれています。

そんな事は、
只の空理空論だと言ってしまえばそれまででしょうが、
それでは、法華経を行じているとは言えません。

庭野日敬氏は、
法華経は学だけで良いとは一言も言っていません。

行(実践する事)と 学(学ぶ事)の二つの道を説いています。

法華経とは、この二つの道が出来ていなと、
体得(自分の物にする)する事が出来ないように出来ています。


ですので、己の身を案じ、
ジッと閉じ込めっている姿は、
法華経を行ずるリダーに相応しくありません。

となる事を、ご理解できますでしょうか。


新型コロナウイルス肺炎の影響が広がっていく中で、
リダーの果たすべき役割の中で、とても大切な事を、
庭野日敬氏は化城諭品を引用して、以下の事を言っています。


IMG_20170427_114105-1.jpg



:::::::::::::::::::::::::


開 祖 さ ま 随 感

      1992年(平成 2年)庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より


希望があれば疲れない


『法華経』の「化城諭品」には、

宝の山に向かう隊商のリーダーが、

疲れきったメンバーの行く手に幻の城を浮かび上がらせて、

みんなの気力を奮い立たせる物語が出てきます。


これは、みんなに希望を抱かせる手段だともいえましょう。


「前途は厳しいんだぞ。こんなことでどうする」と

叱咤ばかりしていたのでは、

だれもついてこなくなってしまいます。


リーダーといえども、

これからのすべてのことについて

百パーセントの確信を持っているわけではありません。


しかし、

「こっちへ進もう。必ず未来は拓けるのだ」と

言いきるその迫力が大事なのです。


行く手に苦しいことが待っていることもあります。


将来のために、

あえて不利なことを甘受しなくてはならないこともあります。


ときには、

回り道をしなければならないこともあります。


しかし、

希望を持って自分の意志で歩き始めると、

勇気を持ってそれに耐え、

それを受け入れ、

乗り越えていくことができるのです。



「希望があれば疲れない。

希望を持って生きる人は老いることがない」

という言葉があります。


:::::::::::::::::::::::::


いかがでしょうか。

あなたのこころには、どのように響いたでしょうか。

新型コロナウイルス肺炎の影響が広がっている時、

今、こそ法華経が必要な時です。



お互い頑張りましょう。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の3件 | -