SSブログ

精神の飢餓-庭野日敬氏のお言葉 [庭野日敬師の言葉]

今の日本は、本当に豊かな国でしょうか。

先進国と言われ、
世界をリードする一端を担っていると
自負する国と言われています。

しかし、日本国の借金は年々膨らんでいくばかりです。

また、親殺しや子殺しなどの
痛まし事件は、年々、後を絶ちません。

子どもたちには、人を信じる事より、
人を疑う事を教えなければいけない時代になっています。



「諸欲の所因は貪欲これ本なり」と、

庭野日敬氏が法華経の譬喩品を引用して

お話をして下さった事を思い出します。



新型コロナウイルス肺炎の影響が広がっている、

今、この時が私たちが心を切り替える時だと、

諸仏、諸菩薩の方々がおしゃっているのでは、と

私には思えてなりません。



新型コロナウイルス肺炎の影響が収まった後に、

以前の状態に戻る事は、もうあり得ません。


新型コロナウイルス肺炎が、
現代社会のターニングポイントになります。


ですので、

今が、心を切り替える時(ターニングポイント)です。


そんな時代の流れを読み取る事が出来ますか。



そんな、時代の流れの中で、

庭野日敬氏は、とても大切な事をおしゃっています。



IMG_20180812_142052-1.jpg




:::::::::::::::::::::::::


開 祖 さ ま 随 感

      1978年(昭和53年)庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より


精神の飢餓


路傍で生まれ落ち、

そして道端で死んでいく気の毒な人たちが、

アジアやアフリカにはまだたくさんいます。


三度の食事にも事欠く人たちがいっぱいいるのです。


それを遠くの世界のこととして

傍観していることは許されません。


そして、なによりも大切なのは、

それをただ声高に人びとに訴えるのではなく、

まず自分の足元から見つめ直してみることです。


満足な食事もとれない飢餓状態にある人たちが、

こんなにも多くいるその同じ地球に住み、

毎日十分すぎるほどの食事に恵まれながら、

私たちは欲望をさらに際限もなくエスカレートさせて、

これで十分だという満足感、充足感を得ておりません。


物質で栄えても精神的に退廃し、

滅亡していった国の例はたくさんあります。


いまの日本は、

まさに精神の飢餓状態にあるといえましょう。



「無量義経十功徳品」には

「愛著ある者には能捨の心を起さしめ、

諸の慳貪の者には布施の心を起さしめ」と説かれています。


人は、あればあるほど欲する心が強くなるものですが、

逆に自分の持てる物を人さまに施す心に切り換えると、

少ない物にも心から感謝できるようになるのです。


際限のない欲望を断ち切るのには、

この心の転換しかありません。


:::::::::::::::::::::::::


タグ:庭野日敬
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。