SSブログ

庭野日敬師の意志を誰が継承するのでしょうか。 [明るい社会づくり運動のポイント]

現在の、明るい社会づくり運動の方向性と、

生前、庭野日敬師がお考えの明るい社会づくり運動の方向性での、

ギャップがある事はすでに、現在ではどなたも承知の事だと思います。


IMG_20180425_115456.jpg


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

庭野日敬氏の説く法華経の教えの中に一念三千の法門があります。

その中で、庭野日敬氏は次のようにお話下さっています。



≪一念三千の法門≫教義として説明しょうとするのは、

なかなか難しいしいことであって、少しぐらいい説明しただけでは、

相手を充分に得心させることはできない、と言われています。

ところが、体験談をとおして説明しょうとすると、

まことに簡単になってまいります。

と言うことは、

私どもの心の中の一念が仏心に変わっていくことによって、

目の前に生起する現象のことごとくか、

仏さまの教えのように、自分の心のあり方そのままである、

ということがはっきりと見極められることを意味しています。

仏さまの教えに出てくる言葉は、

まことに簡単でありますが、

それがどんなに奥深さと幅広さをもっているか、

また、いかに行き届いたものであるかが、

この一念三千の一言にもうかがわれるのであります。


昭和43年2月 速記 開祖様のご指導より

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


そんな観点で、明るい社会づくり活動のありようを探って見ました。



1、法人格の件が一因している事も周知の事実と認識しています。


明るい社会づくり運動の、

法人格のお話は以前から、

かなり論議されて来ている事ですが、

メリットとデメリットがある事も当然のお話です。


こころ静かに良く考えて見て下さい。

明るい社会づくり運動に法人化は本当に必要でしょうか。

〇メリットとデメリットを考える時、
 はるかにデメリットが大きい事がわかります。


そんな中で、

あえて法人化を選択されて現在の方向性があるのですが、

私は、とても大事な事を置き忘れて、

法人化の事が進められたように思っています。


2、地域のリダー方々の意見を充分に聞かずに事がなされて行った。

  私が伺った山梨県や神奈川県のケースでは、

  明るい社会づくり運動の県の会長さんや

  参加構成されてる仲間達にも充分な説明がされずに、

  紙切れ一枚(簡単な通知)で、

  一方的に「決まった事だから」と、

  県明社の会長を解任し

  県明社組織の解体を求められています。

  また、その事は意図的に全都道府県に及ぶ事ではなく、

  一部分の全都道府県だけに行われた事であったようです。

  何らかの意図があり、解体をされていない県明社もあるようです。

※ この事で数多くの明るい社会づくり運動の

  地域のリダーが切り捨てられる事となりました。


  また、これからもこの事は繰り返さるのでしょうか。

  〇そんな組織に真のリダーが育つでしょうか。


  数多くの地域リダーとお話を伺って来た私にとって、

  各地域で地道に努力されている

  地域のリダーの方々の心情を考える時、

  私には、とても信じられません。



  また、とても心が痛む事です。




3、庭野日敬師のお考えや願いを屈折した形にしてしまった。

  庭野日敬師の提唱した明るい社会づくり運動の、

  真の意図やお考えを覆い隠す形で、

  新たな展開を計画・実行されて来ている。


※ 私が伺った全国協議会の事務局長さんの言葉、

「庭野日敬師の明るい社会づくり運動は失敗に終わった」


IMG_20180326_090202.jpg


庭野日敬師が提唱した

明るい社会づくり運動の真意を覆い隠し、

綺麗な言葉で自分たちの都合の良い所だけを伝える。


  「庭野日敬師の提唱した明るい社会づくり運動を、

    意図的に時間をかけて、

  失敗に終わらせようと計画している。?」と、

   思われても仕方がない事だと思います。


4、庭野日敬師はどのようにお考えになるでしょうか。


私は、このようのケースを

もし庭野日敬師が知る事になったら、

はたして「お喜びになるのでしょうか。」と考える時に、

大変申し訳ない気持ちになります。


私達は、今は亡き、庭野日敬師に、

少しでも喜んでいただける

明るい社会づくり運動にすべきと考えます。



「庭野日敬師の提唱した、

明るい社会づくり運動の根本的な

原理・理念また、体系を、

後世の人達に正しく伝え、残して行く事」は、

私は、とても大切な事だと考えています。



5、只の傍観者ではいけません。

私のブログを眺めているだけは、何も変わりません。

行動を起こさない限り只の傍観者にすぎません。

明るい社会づくりとは、

自分自身が、自らの意思で一歩を踏み出してそこ、

始まる活動になります。


明るい社会づくり活動とは、
只の仲良しクラブであってはいけないと考えています。


明るい社会づくり活動と言う運動体である以上、

少なくとも、運動体=活動体 になりますので、

いつまでも何もせずに留まる事は許されません。




今後の、より良い明るい社会づくり運動の為に

      お互い様に努力精進していきたいと考えています。



IMG_20180425_115717.jpg


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                  http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0