SSブログ

宗教者の使命について-庭野日敬のお言葉  Religious mission- Mr Nikkyo Niwano's words [庭野日敬師の言葉]

庭野日敬氏は、生前にご自身のお考えを多くの書物に残しています。
Mr Nikkyo Niwano leaves his thoughts in many books before he was alive.


その事は、後々の世代の人たちには、
That is, for later generations of people,

動かすことの出来ない事実として
As a fact that cannot be moved

受け継がれて行くものだと受け止めています。
We take it as something that will be inherited.

例えば、受け継ぐ方が歪曲してとしても、
For example, even if the inherited person is distorted,

著作物は偽る事は出来ません。
You cannot falsify a copyrighted work.

今日は、
With today's

そんな庭野日敬氏の平和への思いと共に
With such thought of peace by Mr Nikkyo Niwano

宗教者の使命について、
Regarding the mission of religious people,

こころ静かに考えて見たいと思います。
I want to think quietly and see.


IMG_20180812_142052-1.jpg


:::::::::::::::::::::::::


宗教者の使命について
Religious mission


    1972年(昭和47年5月号)平和への道より


いつも、私が申しますように、
As I always say,

宗教者の使命は、人と人との間の隔壁を取り除く、
The mission of religious people is to remove the barriers between people,

いや取り除くだけではなく、そこに橋をかけるということです。
Not only to remove it, but to bridge it.

もっと大きく言いますと、
To put it more broadly,

国と国との間に存在する壁を取り除くことが、
Removing the barriers that exist between countries

今や宗教者の一大使命となっています。
It is now a major mission of religious people.


2b09c7936cd06cc8b6841fb3fbda88e1.jpg



この表現は、
This expression is

いかにもオバーなものに聞こえるかもしれません。
It may sound overwhelming.

政治・外交、特に国連をもってしてもなかなかできない、
Politics and diplomacy, especially with the United Nations,

国と国との間の隔壁を取り除き、あまつさえ、
The partition between countries was removed, and even pine

理解と協力の橋をかけるなどということは、
To build a bridge between understanding and cooperation,

宗教者として、まことに僭越な言い方かもしれません。
As a religion, it may be a very prejudicial way of saying

しかし、宗教者であればこそ、それが可能だ、と私は思うのです。
But I think it is possible if you are a religious person.


0f45b7953071244456fb85a35c01f428.jpg



皆さんは、
everyone is,

スペインの宣教師フランシスコ・ザビエルの
Spanish missionary Mr Francisco Xavier

名まえを、よくご存じのことと思います。
I think you know the name well.

ザビェルは四百年以上も前に、
Mr Xavier was more than 400 years old,

キリスト教を伝えるために初めて日本へ渡来しています。
I came to Japan for the first time to convey Christianity.

もともと富裕な名門の家に生まれたザビエルは、
Originally born in a wealthy prestigious house, Mr Xavier

宣教師になろうという気持ちは毛頭持っていなかったそうですが、
It seems that he didn't have the desire to become a missionary,

青年時代に、パリ大学でイエズス会の創設者
Founder of the Society of Jesus at the University of Paris during his youth

イグナティウス・ロヨラ(スぺインの宗教家)に教化され、
Ignite by Mr Ignatius Loyola (Spain religion),

強い宗教的覚醒を促されたのが、
The strong religious awakening prompted me to

宗教に身を投じる始まりだったと言うことです。
It was the beginning of the religion.


そのザビエルが心中に誓ったことは、
What Mr Xavier swore in his heart

スぺイン、ポルトガルが海外築きつつある政治的帝国を、
Spain, the political empire Portugal is building abroad,

精神的国王に転じさせなければならない、
I have to turn into a spiritual king,

ということだったと言います。
It was that.


1cda7d346bec53feb256d6067594c889.jpg


このような大きな目的を懐いて、
Remembering such a big purpose

ザビエルは三十歳のときにリスボンを出発し、
Mr Xavier left Lisbon at the age of thirty,

インドで布教をした後、鹿児島に上陸したときは、
After landing in Kagoshima after evangelizing in India,

すでに四十三歳になっていたと言うことです。
It means that he was already 43 years old.


上陸以来半日にして
Half a day since landing

カタコトの日本語を話すようになったと言うのですから、
He says that he started to speak Katakoto Japanese,

たいへんな努力家だったのでしょう。
He must have been a very hard worker.

汚れた衣服に素足、夜になれは一枚のゴザの上に眠り、
Dirty clothes, bare feet, and sleeping at night sleep on a piece of goza,

食べなれない粗末な食事にさえ
Even a poor meal that you can't eat

感謝するという生活だったといいます。
It is said that he was grateful for his life.

そのような不便な生活のなかで、
In such an inconvenient life,

ザビエルは数多くの人をキリスト教徒にしておりますが、
Mr Xavier makes many Christians

わずかの問に、ザ.ヒエルの髪は白くなってしまったと
Just a few questions, the hair of The Hiel has turned white.

言うのですから大した苦労だったと察しられます。
It seems that it was a lot of trouble because I was saying that.


3b8b55a6244aa60eb3fe4f7d9504d154.jpg



さて、ザビエルについて、
Now, about Xavier,

私が、わざわざ紹介したのはほかでもありません。
I haven't introduced anything else.

ザビエルが、東洋征服の食指を伸はそうとしていた
Mr Xavier is trying to reach out to the East

スペイン国王に、日本を攻撃することはやめるべきである、
Attacking Japan on the King of Spain should be stopped,

という進言をしたという一事です。
It is one thing that I made a recommendation.

その理由として、ザビエルは、
The reason is that Mr Xavier

日本人がいかなる艦隊も恐れないこと、
That the Japanese are not afraid of any fleet,

武器を手に入れることに熱中している点からしても、
Even from the point of being enthusiastic about getting a weapon,

日本人がスペイン人を皆殺しにする可能性があること、などを挙げ、
The fact that the Japanese may kill all Spanish people,

日本征服のために出航することを
To set sail to conquer Japan

断念するように意見を述べているのです。
They are giving their opinions to give up.

言うなれば、飛ぶ烏を落とす勢いであった
If you say, it was the momentum to drop the flying crows

スペイン国王に向かって進言しているのです。
He is advising the King of Spain.

その結果、とにもかくにも、当時の混乱していた
As a result, I was confused at the time

戦国時代の日本に、
In Japan during the Warring States period,

外敵侵入の危険をもたらさなかったという点を、
The fact that it did not pose a risk of invading foreign enemies,

高く評価したいものです。
I would like to appreciate it.


0b8789c5207b65ef19a8ece107e3ce02.jpg


これは、京都大学の市村真一教授の
This is from Professor Mr Shinichi Ichimura of Kyoto University

『現代をどうとらえるか』という著書で拝見したものですが、
I saw it in the book "How to view the present age",

同教授は、
Said the professor

ザビエルについて書かれた動機についても、
Regarding the motivation written about Mr Xavier,

次のように言っておられます。
He says as follows.

「今、この聖徒の物語を長々と書いたのはほかでもない。
"Now is the only one who has written this story of Saints in length.

宗教の力の根本は、
The root of the power of religion is

実に、この人の魂を揺り動かし、
Indeed, it shakes the soul of this person,

一波万波を呼んでいく感応の力であることを
That it is a responsive force that calls for a surge of currents

知ってもらいたいからである」 と。
I want you to know it."


それがまた、私が、ここに、
That is also where I am

その文事を引用させていただいた最大の理由でもあるのです。
This is also the main reason why I quoted the text.



3c8bbb26c9fdf0352f814a8990207207.jpg


さて、皆さん、四百年前には、
Well, everyone, 400 years ago,

ザビエルひとりの進言が、
Mr Xavier's only advice

よくスペイン国王の心を揺り動かすことができたかもしれません。
It may well have been able to shake the heart of the Spanish King.

しかし、今日における国と国とのかかわり合いは、
However, the relationship between countries today is

はるかに密接で、複雑になっています。
It's much closer and more complex.

また、ひとりの国王の心を動かすだけでは、
Also, just moving the heart of one king,

どうにもならないほどの政治機構に変質しています。
It has been transformed into a political structure that is beyond control.

このような現代において、
In this modern age,

宗教者は、とくに一国、一民族だけに通用するような
Religious people, in particular, are only applicable to one country and one race.

偏狭な変を説いていてはならないのです。
Don't preach the narrow odds.


世界中の宗教者が、
Religious people around the world

互いに力を合わせて全人類的な愛を説く、
Working together to preach the love of all humanity,

これこそが宗教者の説くべき愛であり、
This is the love that religious people should preach,

慈悲でなければならないと思います。
I think it must be mercy.


04c734784aa7b25d0cee53834c505023_.jpg


このような観点に立って、
From this perspective,

世界の宗教界をながめたとき、
When looking at the world religious world,

その姿は、決して、
Its appearance is never

私の満足できるものではありません。
t's not my satisfaction.

個々それぞれに愛と慈悲を熱心に語りはしていましても、
Even though we were enthusiastically speaking about love and compassion to each individual,

各宗教の間に偏見と排他の壁があったことは事実です。
It is true that there were prejudice and exclusion barriers between each religion.


平和は、たんなるかけ声やスローガンであってはなりません。
Peace should not be the only call or slogan.


まず、宗教と宗教の間の壁を打ち破らなければならない。
First, the wall between religions must be broken.

そして語り合いの中で理解し合わねばならない。
And we have to understand each other in the conversation.

理解し合えば、必ず友情と協力の橋ができるに違いない。
If we understand each other, we can surely build a bridge of friendship and cooperation.

だからこそ偏見と排他と誤解の壁を取り除くために、
That is why in order to remove the barriers of prejudice, exclusion and misunderstanding,

宗教者は、同じ一つのテーブルにつかなくてはならない。
Religious people must be on the same table.


5ece610748216925ed724ded0c70c08d.jpg


言葉にしてみれば簡単なことですが、
It's easy in words,

つまり、これが京都会議(第一回世界宗教者平和会議)に対する、
In other words, this is for the Kyoto Conference (1st World Religious Peace Conference),

私の根本の発想であったのです。
It was my basic idea.


このことをしないで、どうして世界中の宗教者が、
If you don't do this, why are religious people around the world

現代のザビエルとして力を発揮し、
Demonstrate the power as modern Mr Xavier,

平和を招来することができるでしょうか。
Can you bring peace?



6cd83939c4182ed748f0ebec19031792.jpg



:::::::::::::::::::::::::


いかがでしたか。
How was it.

庭野日敬氏の思いや願いが、
The thoughts and wishes of Mr Nikkyo Niwano

また、おこころが伝わりましたら幸いです。
Also, I would be pleased if you could convey your heart.



次の一歩は、
The next step is

私達が踏み出す事が求められている事です。
That is what we need to take.











タグ:庭野日敬
コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。