SSブログ

お釈迦さまへの直参-庭野日敬氏のお言葉 [庭野日敬師の言葉]

私は常々思う事ですが、師の教えを大切に伝えていく事がとても大事だと思っています。

何故、こんな事を言うかと言いますと、

人は、ともすると
自分を導いてくれた師や、教えを乗り越えて、
すぐれているのは自分自身であるとの錯覚に、
いつの間にか陥りやすい物だと受け止めています。

その点、庭野日敬氏は、
ご自身を法華経に導いてくれた師を
最後の最後まで大切にされてきました。

また、法華経に書かれている事をとても大切にし、
法華経よりは前に出る事はありませんでした。

その事は、
一見たやすい事のように思えるでしょうが、
とても大変な事だと思います。

それは、世間の宗教指導者の
姿や言動を拝見していますと良くわかります。

例えば、
式典などの時だけ表面上は取り繕うが、・・・・・・・。

とても残念に思っています。


法華経は、謙虚に、謙虚に、謙虚に、
行動は果敢に、
勇気を持って進む事が大事ではないでしょうか。

そこに、ご守護があるのだと思います。


3c8bbb26c9fdf0352f814a8990207207.jpg



:::::::::::::::::::::::::


開 祖 さ ま 随 感

      1978年(昭和53年)庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より


お釈迦さまへの直参(じきさん)


なにごとも伝統を守り、

それを踏襲するのは大切なことですが、

それは宗教の場合も同じです。

ただ宗教は芸能などとは違い、

生きている人間を実際に救わなくてはなりません。


人は、その時代、その環境の中で生活しています。

その人たちを実際に救うのには、

その時代、その社会環境に応じた手段が必要です。


これまで大事に守られてきた教えであっても、

そのままでは、時の経過とともに

時代の人びとを教化する力が弱くなっている場合もあります。


宗教の宗は、時代を超え、所を超えて

不変なよりどころとなる根本の真理のことであり、

教は、その真理をその時代、その人に応じて説くことです。


この、時代に対応し、人に応じて説く大切さを

忘れてしまって、いたずらに人びとが

宗教から離れていくのを嘆くようなことがあってはなりません。


私が、お釈迦さまのみ心に直参する大切さを

いつも強調しているのも、そこなのです。


直参するとは直接教えを聞くことです。


常に自分のあり方を法に照らしてみて、

これでよいのかと問いかけ続けるのが、

お釈迦さまのお心に直参することです。

それによって教えが常に新しい教化力を保っていくのです。

:::::::::::::::::::::::::

いかがでしょうか。

常に、お釈迦さの声に耳を傾けているでしょうか。

お互い頑張りましょう。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。