SSブログ

人間と人間の対話-庭野日敬氏のお言葉 [庭野日敬師の言葉]

法華経が尊いのは、法華経自体が尊いのではありません。

その法華経を説く人が尊いことが不可欠になります。

例えば、
庭野日敬氏のお話は、いつ耳にしても得心が行きます。

しかし、
別の庭野家の人たちのお話は、
いつ聞いても、何度聞いても、私のこころには響きません。


自分でも不思議だと思っていますが、正直な気持ちです。


新型コロナウイルス肺炎の事で、

世界中が混とんとしています。

でも、その中でも必死に頑張っている方々がいます。

政府関係者、都道府県関係者、医療関係者、介護関係、等々、


でも只、黙って身を潜めている事に

終始している佼成会(教団)さんの姿には、

とても、残念に思っています。


これで、本当に良いのでしょうか。




3b8b55a6244aa60eb3fe4f7d9504d154.jpg


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

開 祖 さ ま 随 感

      1986年(昭和61年)庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より

人間と人間の対話

いま宗教にいちばん問われているのは、

人間と人間の真の対話を可能にできるかどうか、

だといえましょう。


法座はその対話の場なのです。


どんな問題であっても、

話したいこと、

聞きたいことがある人がいたら、

その言い分をとことん聞いてあげて、

「なるほど」と心から納得してもらえるまで話してあげる。

それが法座です。


相手の言葉をひと言ふた言聞いただけで、

「あとは聞かなくたって分かっていますよ」といった

調子で決めつけてしまったのでは、

人間の対話は成立しません。


お釈迦さまは、

お弟子がどんな質問をしてきても、

「善哉、善哉」と、

ひと言でなく、ふた言も重ねておほめになって、

それから「善男子よ……」と、

じゅんじゅんと語りかけてくださいました。


ですから、

お釈迦さまにお会いできただけで、

どんな人もいっぺんに心が晴れわたってしまうのです。

すべての人が、

それぞれの尊厳さを具えた存在であることを

胸にしっかり刻みつけて、

相手を心から礼拝できなくては、

人間の対話は成り立ちません。






タグ:庭野日敬
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。