SSブログ

庭野日敬氏の思いや願いはどこに、/ デターから見る明るい社会づくり運動 [明るい社会づくり運動のポイント]

デターから見る明るい社会づくり運動

現在も、全国の明るい社会づくり運動の活動拠点の活動目的が、バラバラになっている現実をご存じの方は少ないと思います。



IMG_20180425_115634.jpg



その原因には様々な事があると思いますが、その中でも大きな原因は本来、求心力を持つべき事務局の弱体化が上げられると思います。

1、事務局で活動出来る範囲が限られている事。(人員的・権限的・経費的)
2、対外的に思われている権限に比べて、以外にも権限がない事。
3、上記の理由などにより、事務局内部に情熱をもったスタッフが少ない。

キツイ判断だと思いますが当たらずとも遠からずだと思います。(では、キーマンはいったい誰でしょうか?)

NOP法人デターから明るい社会づくり運動の目的を見てみたいと思います。

明るい社会づくり運動 (http://www.meisha.jp/) のホームページには、以下の活動目的が掲載されています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
定款に記載された目的
この法人は感謝・協調・奉仕の精神を基盤にして、あらゆる人々の思いやりの心(善
意)を呼び起こし、助け合い、補い合い、手を携えて、平和で生きがいのある健全な
社会の実現に貢献する「明るい社会づくり運動」を推進すると共に、この運動の理念
と精神を、永年に亙って、地域から世界に向けて発信し普及させ、もって、地域、社
会、国家、世界の平和の実現に寄与していくことを目的とする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


庭野日敬師の提唱された
明るい社会づくり運動の原点を忘れたり、見失う事があってはいけない事だと考えています。また、そのような時には勇気を持って、その事を発言し、その軌道を修正すべき努力する事は当然の事と思います。逆に、その事に沈黙を守り、黙って見て見ぬふりをする事は、真に「明るい社会づくり運動」を否定する事だと思います。

あなたはどのように思いますか。


IMG_20180425_115456.jpg


参考に他のNOP法人の明るい社会づくり運動デターをご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
団体名称:特定非営利活動法人 明るい社会づくり運動の会
主たる事務所の所在地:東京都大田区新蒲田一丁目13番20-102号
代表者氏名:松原 茂登樹
設立認証年月日:1999年06月30日
定款に記載された目的:本会は、主義、主張を超えて、広く自己啓発と相互連帯に努め、明るい健康で平和な生き甲斐のある住み良い社会をつくることを目的とする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
団体名称:特定非営利活動法人 明るい社会づくり運動滋賀県協議会
主たる事務所の所在地:滋賀県近江八幡市西庄町88番地
代表者氏名:深川 景一
設立認証年月日:1999年04月05日
定款に記載された目的:この法人は、提唱者の庭野日敬師の、自らの生き方を正し、社会を明るくしようという志を同じくし、社会の一隅を照らす人を一人でも多くつくろうという理念のもとに、全人類が人間本来の姿にかえり、本質的に目ざめるということに関して社会教育の推進、子供の健全育成、地域安全活動、福祉の増進、環境の保全等の活動を行い、善意の心を呼び起こすという成果を得ることをもって、社会に寄与することを目的とする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
団体名称:特定非営利活動法人明るい社会づくり運動ひょうご
主たる事務所の所在地:兵庫県神戸市中央区北野町4丁目9番12号サンビルダー北野異人館通105号
代表者氏名:加藤 隆久
設立認証年月日:2008年03月21日
定款に記載された目的:この法人は、地域及び地域住民に対して、感謝・協調・奉仕の精神を基盤にして、あらゆる人々の思いやりの心(善意)を呼び起こし、助け合い、補い合い、手を携えて、平和で生きがいのある健全な社会づくりに貢献する「明るい社会づくり運動」を推進するとともに、この運動の理念と精神を、永年にわたって、地域から世界に向けて発信と普及啓発する事業を行い、地域社会と世界の平和の実現に寄与することを目的とする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
団体名称:明るい社会づくり運動沖縄地区協議会
主たる事務所の所在地:那覇市久米2-2-10(那覇商工会議所ビル内1F 104号)
代表者氏名:井上 清
設立認証年月日:1970年03月12日
提唱理念:明るい社会づくり運動をするのは、先ず人と人との間の不信感をなくし、信頼と友情を回復することが大切であります。不信感が根底となって親子の断絶、人と人、国と国との争いがおこっている。それには、自分のエゴイズムを捨て、相手を信じ仰ぐという信仰を基盤とした、人間尊重の精神が必要です。人と人との心の信頼と友情の灯をともしていく、そこに明るい社会づくりの目標があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
特定非営利活動法人仙台明るい社会づくり運動
主たる事務所の所在地:宮城県仙台市泉区松陵4丁目40番地の7
代表者氏名:久水 輝夫
設立認証年月日:2018年
提唱理念:この法人は感謝・協調・奉仕の精神を基盤にして、あらゆる人々の思いやりの心(善意)を呼び起こし、助け合い、補い合い、手を携えて、平和で生きがいのある健全な社会の実現に貢献する「明るい社会づくり運動」を推進すると共に、この運動の理念と精神を、永年に亙って、地域から世界に向けて発信し普及させ、もって、地域、社会、国家、世界の平和の実現に寄与していくことを目的とする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あなたの地域はどのようになっているのでしょか? 確認して見て下さい。

まもなく半世紀の歳月が経過

庭野日敬氏より提唱されて来ました、明るい社会づくり運動はまもなく半世紀の歳月が経過しようとしています。今こそ、明るい社会づくり運動のさらなる飛躍の為に、新たな活動のスタートをすべき時期に来ているのではないかと私は考えます。

現在でも、犯罪率の増加、家庭の崩壊、いじめ等が、

特に、現在の社会情勢を知るにしたがって、犯罪率の増加、家庭の崩壊、いじめ 等、目に余る情景があまりにも多すぎます。またこのような状況は、年々悪くなる事はあっても、なかなか良くはならない現実があります。この事を思った時に、私は明るい社会づくり運動の必要性が高まって来ていると思うのです。今こそ、「みんなで力を合わせて明るい社会づくりを推進しましょう」と、言う事がとても大切な時期だと思います。

提唱者・庭野日敬氏の思いの検証が、

私は、明るい社会づくり運動のさらなる飛躍の為には、提唱者・庭野日敬氏が何を思い、何をしようとしたのかを検証し、さらなる行動を起こす事が必要不可欠だと思っています。明るい社会づくり運動の原点が理解できる時には、その方向性は自然とはっきりしてくると思っています。

一宗教団体の枠を超えて、

庭野日敬氏は仏教的精神(思いやり心・感謝の心・奉仕の心)を一宗教団体の枠を超えて、明るい社会づくり運動を通じて広めようとなさったのだと理解しています。そして、その為に庭野日敬氏は黒子に徹して「花を譲り、実を採る」と言っておられたと、側近の方から伺っています。その庭野日敬氏が提唱された明るい社会づくり運動に、各界の方々が共鳴し賛同され、立ちあがったのだと思います。

その為にも、みんなの総力の結集が必要だと思っています。

いつでも、だれにでも出来る事を、

明るい社会づくりは、どんなにパワーのある一つの団体や個人で出来る事ではない事は、どなたでもご理解出来る事であります。ですので、その為にはより多くの人達の合意や賛同をいただかなければなりません。ごく一部の人達の自己満足や自己実現であってはいけないと考えています。


IMG_20180425_115717.jpg



是非、各地で声を上げていただきと願っています。

あなたの身近な場所で立ち上がって下さい。

庭野日敬師の願う、明るい社会づくり運動にすべく努力して行きたいと思っています。


私の今年のキャッチフレーズは、「前に、さらに前に前に・・・・・」

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                      http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0